一般社団法人ChefooDo/シェフード

一般社団法人ChefooDo/シェフード

一流店が作る家庭の定番レシピRecipe

春夏のポテトサラダ

2019.10

マクロビオティック・ヘルス・コーチ

マクロビオティック・ヘルス・コーチ 西邨マユミ

マクロビオティック・ヘルス・コーチ

中西由紀
材料
2人分
調理時間
25分
エネルギー量
113kal
塩分量
1.0g

ポイント・コメント

豆乳マヨネーズを使っているので悪玉コレステロールが無くて安心。パクチーとネギを加えて春夏向きに。
お弁当にもグッド。じゃがいもを茹で過ぎると出来上がりが水っぽくなる。
お弁当に入れる時は、きゅうりの水をよく切ることで、ポテトサラダが水っぽくならず、傷みにくくなる。
マクロビオティック的に、フルーツ(果糖が豊富)を入れない方が、澱粉を消化しやすいと考えられる。
普段、マクロビオティックでは、じゃがいもの使用を勧めないが、絶対使っていけないものではありません。
フルーツなどの糖分を避け、緑色の野菜と自然塩を加える事で、ミネラルのバランスを補うことを考えました。

材料(1人分)

《春夏のポテトサラダ》

じゃがいも(大)……1個

きゅうり……45g

ねぎ 、香菜……15g

豆乳マヨネーズ……大さじ 1・1/2

自然塩……小さじ 1

 

作り方

1.じゃがいもをさいの目に切り、鍋に塩小さじ1/2と分量外の水(じゃがいもが浸るくらい)を加え、柔らかくなるまで5分程煮る。

2.じゃがいもをざるに上げ、水を切り、鍋に戻し、温かいうちにマッシャーなどで潰す。

3.きゅうりを3mmの厚さの銀杏切りにした後、残りの塩をまぶして水が出るまで5分ほど置く。ねぎと香菜は、5mmくらいに切る。

4.きゅうりの水をキッチンペーパーで取り、冷めたじゃがいもに、豆乳マヨネーズ、ねぎと香菜の半量を加えて合える。

5.好みで分量外の胡椒を加え、皿に盛り、残りの半量のねぎと香菜を見栄え良く飾る。